So-net無料ブログ作成

2016-04-21 顎変形症と3D 下顎骨01 [顎変形症と3D]


本年2月9日に発行された55巻以降 1月以上かけて試行錯誤の連続だ。

連携病院からのCTのデータをOsiriXで3次元へ、レンダリングをしてSTLとしてファイルにする。

次に、要らない所をカット、ソフトは「meshlab」

下顎のみにする。下顎頭のカットに時間がかかる。
感想としては、顎関節の間には結構すき間が有るんだなという事。
考えて見たら、関節円盤が挟まっているので当然と言えば当然。
だが、ほとんどすき間のない部分が存在する。薄くなっているのだろうか。

ここまで来るのに、前のHPがすごく参考になった。

初めての出力は1/5サイズ。

3D0006.jpg 3D0007.jpg 3D0008.jpg

これではよく分からない。 グレーの下顎はちと気持ち悪い。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。